ぬるめのお風呂で体温に変化をつけると、眠りやすくなる

睡眠関連の書籍を見ると「快眠のコツはお風呂に入ってリラックスすること」というアドバイスをよく目にしますが、たしかに入浴によるリラクゼーション効果は高いものがあると思います。

しかし、入浴のメリットはそれだけではありません。身体を自然にあたためて体温を上げてくれることも見逃せないポイントです。

お風呂に入ると、一時的に体温が上がりますが、湯上がり後に少しずつ下がっていきます。つまり、体温の上がり下がりを意図的に作れるわけですが、人間は、体温が高い状態から低い状態に移るときに、強い眠気を感じるようにできています。

そのため、お風呂のあと、体温が下がっている最中にベッドに入れば、気持ちよくスムーズに入眠できるのです。

お風呂の適温は38℃~40℃

お風呂に入って感じる「熱いとぬるい」の境目は、42℃と言われています。寝つきを良くするのに効果的なのは、38℃~40℃くらいのぬるめのお湯です。この温度のお風呂に20~30分ほどつかり、体温をゆるやかに上げるのがポイントです。

ただし、38℃というのは予想以上にぬるい温度です。これはあくまでも目安なので、自分にとって心地よく感じる温度を見つけるようにしましょう。

湯温のほかに気をつけたいのは、入浴する時間帯です。寝る直前に入浴すると、体温が下がるまでに時間がかかってしまうためスムーズに寝付けなくなります。寝る時間の1時間前にお風呂から出るのがベストなタイミングです。

ぬるめのお湯には副交感神経を優位にして全身をリラックスさせる効果がありますが、アロマバスをするとさらにその効果が高まります。とくにベルガモットやクラリセージなどの鎮静作用の高いエッセンシャルオイルを使うのがオススメです。

バスタブにオイルを2~4滴ほど落としてかきまぜればいいだけなので、ぜひ試してみてください。

熱いお風呂は逆効果

ぬるめのお風呂と違い、42℃を超える熱めのお風呂は睡眠にマイナスの影響を及ぼします。身体を活動モードにする交感神経が刺激されてしまうからです。

交感神経が活発になると、それを鎮めるためには2~3時間もかかってしまうと言われています。そのため、就寝前に熱いお風呂に入るのは禁物です。

とはいえ、「熱いお湯じゃないとお風呂に入った気がしない」という方もいると思いますし、冬場は特に熱いお風呂に入りたくなるものです。その場合は、交感神経が鎮まるまでの時間を考えて、就寝時間の3時間前にはお風呂を済ませるようにしましょう。