「朝型」と「夜型」を決めるものは何?

「わたしは夜型だから、朝起きるのがどうしても苦手……」

このようなことを聞いた経験のある人は多いと思います。ただの言い訳のように聞こえるかもしれませんが、実はこの言葉の通り、人間の生体リズムには「朝型」「夜型」「その中間の昼型」があります。

「朝型」と「夜型」の典型的な違いは体温のリズムです。朝型の人は起きてすぐに体温が上がり始め、午後3~4時ころには体温のピークがおとずれます。そして夕方になると体温が下がり始めます。

これに対して夜型の人は、朝起きてもすぐには体温が上昇せず、お昼頃になってようやく上がっていきます。体温のピークは夕方以降にずれこみます。

● 体温変化の概略

体温が高い状態というのは、一言で表すなら「活動状態」ということです。夜型の人がなかなか眠くならないのも、高体温のため活動状態が続いていることが原因のひとつです。

体温以外では、睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌タイミングにも違いがあります。
夜型の人は、夜更けにならないとメラトニンの分泌量が増えません。このことも、睡眠時間帯が後ろにずれる原因になります。

● メラトニン分泌の概略

このように朝型・夜型には大きな違いがあるのですが、それを決めるものは何なのでしょうか。

「朝型」「夜型」は遺伝子で決まる

眠りと目覚めのリズムを決めるのは体内時計です。そして、体内時計は遺伝子によってコントロールされていることが、睡眠に関する研究で明らかになっています。

この遺伝子は「時計遺伝子」と呼ばれていて、これまでに10種類以上も発見されています。どういう時計遺伝子を持っているかによって、朝型・夜型などの睡眠スタイルや、必要な睡眠時間がある程度決まります。つまり、朝型か夜型かというのは「生まれつき」の体質ということです。

朝型に変わるのは可能か?

私たちが生活している社会は、基本的には昼間に活動して、夜には休息するというリズムで成り立っています。そのため、朝が苦手な人は不利になりがちです。周囲の人から「だらしがない」「自己管理ができていない」と言われることがあるのも事実です。

しかし、幸いなことに体内時計には柔軟性があります。そのため、ある程度なら自分の力で睡眠リズムを変えられます。

どのくらい変えられるのかは分かりませんが、夜型の人が一般的な昼型に変わることは可能だと思います。また、昼型から朝型になることもできるでしょう。しかし、生来の夜型体質の人が、極端な朝型になるのはおそらく無理です。

※夜型を改善したい方は、夜型生活を直すために実行したいたった1つのことを参考にしてみて下さい。

なお、私自身の経験になりますが、夜型体質をどうにかして朝型に直せないか?と考えていた時期があります。結局のところ、朝型の生活リズムは定着せずに終わりました。「朝型になると仕事もはかどるし体調も良くなる!」という人が多いようですが、私の場合そんなことはありませんでした。

おそらく、生来の夜型なのだと思います。今は、会社勤めではなくフリーランスで仕事をしていることもあって、時間に融通がきくので極端な早起きは一切していません。そのほうが体調が安定するように感じています。ただ、気を抜くと昼夜逆転しやすいので、その点は気をつけています。