お肌のゴールデンタイム『夜10時から2時』は間違い!?

女性誌を読んでいると、「お肌のゴールデンタイムは夜10時から2時なので、この時間に眠ることが大切」という話をたまに目にすることがあります。これは、睡眠中に分泌される成長ホルモンに着目してのものです。

成長ホルモンは「若返りホルモン」とも呼ばれ、肌の再生や修復をうながす働きがあります。そのため、成長ホルモンがたくさん分泌される時間帯に眠ることが肌にいいのは間違いありません。

しかし、一般的に言われている「夜10時~2時」という認識は、間違っています。

眠り始めの3時間がポイント

成長ホルモンの分泌タイミングは、寝る時間帯にはまったく関係ありません。何時に寝ようと「眠り始めの3時間」に集中して分泌されます。つまり、お肌のゴールデンタイムは寝ついてからの3時間ということです。

たとえば午前1時に寝れば、ゴールデンタイムは午前1時から4時ということになります。ですから、無理に夜10時に眠ろうとしなくても大丈夫です。

次のグラフは、睡眠時間と成長ホルモンの関係を示した概略図です。睡眠前半に、成長ホルモンがたくさん分泌されることが見てとれます。

今日からはじめる超快眠術 / 志田 美保子(著) を参考に作成]

では、なぜ「夜の10時から2時がお肌のゴールデンタイム」という説が生まれたのでしょうか?これには諸説ありますが、おそらく昔のライフスタイルが関係しています。

仕事が24時間化していなかった時代は、夜の10時~11時に眠りにつく人が大半でした。つまり、ほとんどの人にとって午後10時から午前2時くらいが眠り始めの時間帯だったということです。そのため、この時間帯がゴールデンタイムと伝わるようになったわけです。

夜中に目が覚めてしまう場合は要注意!

これまで言われてきたゴールデンタイムにこだわるあまり、無理をして早めに寝つく必要はありません。それよりも、眠り始めの3時間に気をくばる方が、美肌には効果的です。

しかし、この3時間の間に「なぜか目が覚めてしまう……」という症状がある場合は要注意です。なぜなら、それは眠り始めの時間帯に深い睡眠がとれていない証拠だからです。深い睡眠がとれないと、その分だけ成長ホルモンの分泌量は少なくなってしまいます。

また、眠り始めの3時間で深い睡眠を得ることは、朝の熟睡感にもつながってくるためとても重要です。夜中に目が覚めやすいと感じている人は、「夜中に何度も目が覚めてしまう『中途覚醒』の原因と対策」を参考にして、睡眠を改善していきましょう。