眠りにつくには体温調節も欠かせない

映画やドラマで、冬山に遭難しかかった仲間に「眠るな!」と叫ぶシーンがありますが、実はここに寝つきをよくするヒントが隠されています。

それは「体温が高いところから低いところに急激に落ちると、人間は眠くなる」ということです。

人間の体温は一日を通してほぼ一定ですが、眠りに入る前には体温が1℃くらい急激に低下することが、睡眠に関する実験で明らかになっています。

img-taion-rhythm

なぜ体温が下がるのかというと、それは脳を休ませるためです。人間の脳は高い機能を持っていて、昼間は脳がフル回転しています。その状態が続くと脳がオーバーヒートしてしまうため、睡眠時に脳の温度を下げて休ませるのです。

つまり、体温が下がるのは「眠りにつくための準備」ということです。

これを応用して意図的に体温の落差を生み出すことができれば、スムーズに眠りに入っていけるようになります。

体温の落差を生み出す方法

体温の落差をつくりだすには一度体温を上げなければなりませんが、その方法としてオススメなのは入浴と運動です。

とくに入浴は体温を上げるだけでなくリラックス効果も見込めるため、スムーズな入眠の心強い味方になります。
(ちなみに、シャワーには体温を上げる効果はほとんどありません)

ただし、入浴や運動でうまく体温を上げるには、それぞれポイントがあります。やり方を間違えてしまうと、睡眠に悪影響をおよぼす可能性もあるので注意が必要です。
(詳しい内容は下記の記事をご覧ください)

体温が下がるしくみ

体温が下がるしくみについても、一応知っておいた方がいいかもしれません。

寝る直前に体温を下げるために、人は血液の流れを利用しています。身体中をかけめぐる血液の温度を下げることによって、身体全体の体温を急激に下げるのです。

ここで問題になるのが、血液の温度を「どこで下げるのか」ということです。身体を循環している血液は、何もしなければ温度が高いままです。どこかで冷やさなければ体温を下げることはできません。

ではどこで血液を冷やしているのかというと、その答えは手足です。

人は手足から熱放散をすることで、血液を冷やします。なぜ手足かというと、それは他の部分に比べて薄いからです。薄いということは、血管が外の空気に近いということなので、血液の温度を下げるのに適しているわけです。

ちなみに、赤ちゃんが眠くなったときに手足が温かくなるのも同じ理由です。手足から熱を逃がして、眠る準備を始めているのです。

冷え性も寝つけなる原因のひとつ!

手足が冷たすぎて寝つけない……とくに女性は冷え性からくる不眠に悩まされている方が多いと思います。

冷え性だと、先に述べた「手足からの熱放散」がうまく行われないため、スムーズに入眠できません。さらに、体温が高いままだと寝つけないばかりか、眠りが浅くなる原因にもなります。

また、冷え性が深刻になると、足がほてって眠れなくなることもあります。冷え性なのに足がほてるというのはちょっと奇妙かもしれませんが、血流が悪くなるとそういう現象も起こりえます。

ではどうすればいいのかというと、効果的なのは寝る前に手足を温めることです。体の深部に溜まった熱が、手足から出ていってくれるからです。

お風呂に入って身体全体をあたためるのが一番良いと思います。時間がとれなくてシャワーだけになる日は、足を温めるグッズを活用するのも一つの手段です。