眠れない!眠りが浅い!そんなときは「アロマバス」を試してみよう

「夜になってもなかなか眠くならない……」
その原因は人それぞれですが、脳が覚醒していることも眠れない原因のひとつです。

たとえば精神的ストレスがあると、ベッドに入ったあとも考え事をしてしまいがちですが、寝る前の考え事は脳内に「覚醒物質」を生産します。具体的にはノルアドレナリンやドーパミンなどの物質が脳内で作られて、覚醒状態になります。

人が眠りに落ちるときは、脳が適度に鎮静化している必要があります。逆に言うと、覚醒状態だとなかなか入眠できないということです。

そこで手軽にできる入眠対策として、アロマテラピーを活用するのも一つの手段です。アロマテラピーで使われる精油(エッセンシャルオイル)には、高い鎮静作用を持つものがあります。脳の覚醒を抑えることができるので、スムーズな入眠をもたらしてくれます。

アロマバスは簡単かつ効果が高い

アロマテラピーといえば、部屋の中で香りを楽しむ芳香浴が一般的だと思います。ディフューザーやアロマポットなどの道具を使っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、安眠効果に関してはアロマバスの方が高いと思います。もともとお風呂に入ること自体にリラックス作用があり、アロマの香りとの相乗効果が見込めるからです。また、精油の成分を、鼻だけでなく肌からも吸収できるため、高い鎮静作用を得られます。

さらに、アロマバスの方法はとても手軽です。基本的には湯船に精油を適量落とすだけです。特別な道具は何もいりません。「アロマテラピーは初めて」という人でも気軽に試すことができます。

安眠効果が高いのはどんな香り?

すべての種類の精油が睡眠に役立つわけではありません。ものによっては、眠れなくなったり睡眠が浅くなったりします。精油選択には注意が必要です。

では、具体的にどんな精油の香りがいいのでしょうか。香りの好みは人それぞれですが、基本的には「酢酸リナリル」という芳香成分を含んでいる精油がオススメです。酢酸リナリルには強い鎮静効果があるからです。

たとえば、安眠の香りで有名なラベンダーは、酢酸リナリルをたくさん含んでいます。そのほかには「クラリセージ」「ベルガモット」なども酢酸リナリルが豊富です。何を使えばいいか分からない場合は、まずこの3つの中から選ぶのがいいと思います。

ただし、実際に使ってみて好きになれなかった香りは、無理して使う必要はありません。余計なストレスになりかねないからです。結局のところ、自分の好きな香りを見つけて、それを使うのが一番です。

なお、私の今のお気に入りは「バレリアン」の香りです。純粋な精油ではなくバスソルトを使用しているのですが、入眠作用が高いと感じています。

バレリアンはハーブの一種で、ヨーロッパでは安眠サプリメントとして親しまれています(個人的には、バレリアンはサプリよりもバスソルトがおすすめです)

アロマバスの注意点

最後にアロマバスの注意点をまとめておきます。

1.精油の量は控えめにする

一般的な広さのお風呂の場合、精油の量は3~4滴が目安です。たくさん入れると具合が悪くなる可能性があります。慣れていない場合は少なめに使ったほうが安心です。

また、鎮静作用のある精油(たとえばラベンダー)を使っても量が多すぎると覚醒効果が出てきてしまいます。あまりよくばらずに、適量を守るようにしましょう。

2.お湯をよくかきまぜる

精油はお湯にとけません。お湯をよくかきまぜてオイルを全体に拡散させるのが大切です。入浴中もたまにお湯をかきまぜて、精油の原液が肌に直接つかないように気をつけましょう。

ちなみに、熱いお湯よりぬるめのお湯(38℃~40℃)のほうが、精油の成分が身体に取り込まれやすいと言われています。

3.外出予定があるときはアロマを使わない

お風呂のあとに外出する予定がある場合は、アロマバスをするのは避けたほうが無難です。とくにアロマバスのあとに車を運転するのは厳禁です。非常に強い眠気を感じたり、集中力が低下したりする可能性があるからです。
(クラリセージの精油など)