足が冷えて眠れない……そんなときは靴下を履いて寝てもいい!

「冷え性だから足が冷たくて眠れない……」
そういうときは靴下を履いて寝ればいいという人もいれば、履いたままだと逆に足が冷えるという人もいます。

一体どちらが正しいのでしょうか。冷え性の度合にもよると思いますが、基本的には履いて寝たほうがいいはずです。

靴下反対派の意見は「靴下の中で汗が冷えるため、明け方になると足が冷たくなる」というものです。

たしかにそれは一理あります。しかし、吸湿性&放湿性が高い靴下を履けば、汗の問題は解決できます。

そもそも、寝ている間は足以外の部分も汗をかきます(たとえば背中)。もし汗のせいで困るほど身体が冷えるなら「足以外の部分も露出して寝たほうが汗をかかないので冷えない」という理屈が成り立ってしまいます。つまり裸が一番冷えないということです。

しかし実際は、何も着ないで寝るのが一番寒いです。足も同じです。素足が一番冷えます。そのため、冷え性なら積極的に足元を温かくして寝るほうがいいのです。

素材に気をつければ、靴下を履いたまま寝てもOK

足裏は寝ている間に汗をかきやすい部位です。そのため、睡眠中の靴下はできるだけ通気性のいい素材を使うのが大切です。

一番いいのはシルクです。シルクは汗を吸い取る「吸湿性」が高く、さらに吸った汗を逃がす「放湿性」にも優れています。値段は高めですが、試してみる価値はあると思います。

それに対して、綿素材の靴下は吸い取った汗をなかなか放出しません。寝るときに身に着けるのは避けたほうが無難です。
(シルクの上に重ね履きするのはOK)

もうひとつ注意点があるとすれば「締めつけの強い靴下は血行を阻害するため冷えやすい」ということです。日中に履いている普通の靴下は、締め付けが強いため就寝時にはあまり適しません。最近では、寝るとき専用の靴下も見かけるようになったので、それを使ってみるのもひとつの手です。

寝る前だけでも靴下を履いたほうがいい

足が冷えて寝つけないのは、その冷たさ自体のせいもありますが、それ以外にも原因があります。それは、足から「熱放散」がうまくできないことです。

少し詳しく説明します。

人間は眠るべき時刻が近づくにつれて、深部体温が下がります。これは睡眠に適した状態に移行しようとするためです。深部体温の低下は、自然な眠気がおとずれる条件のひとつと言ってもいいくらい大切です。

ここで知っておきたいポイントがひとつあります。それは、深部の体温が下がるときには、からだの末端(つまり手足)から熱が放出されることです。身体の熱を血液にのせて手足の血管に送り込み、そこから熱を逃がすのです。
(手足は皮膚が薄く、また血管が浮き出ているので熱を放出しやすい)

しかし、冷え性だと血のめぐりがよくないため、温かい血液を手足までスムーズに運べません。とくに足は心臓からの距離が遠いので、手よりも血液循環が悪くなりがちです。

血液をスムーズに循環できないと、どうなるでしょうか? 手足から熱を逃がせないため、深部体温が下がりにくくなります。つまり、いつまでたっても睡眠に適した状態になりません。当然寝つきも悪くなります。

そういうときに靴下を履いていれば、当面の温かさは確保されます。ひとまず血のめぐりも良くなります(締めつけの強い靴下は逆効果ですが)。その結果、熱放散がうまく進み、寝つきがスムーズになるというわけです。