ハワイに渡航するときの時差ぼけ対策(行き・帰り)

旅行先として人気のあるハワイですが、日本から行くときに気になるのが時差ぼけです。

旅行にしろビジネスにしろ、時差ぼけのせいで「夜になっても眠れない」「胃腸の調子がすぐれない」などの不調に陥るのはイヤですよね。そこで、ハワイに渡航するときの時差ぼけ対策を、行き・帰りに分けてご紹介します。

時差のポイント!ハワイのほうが朝が早く来る

時差ぼけ対策を考える前に、日本とハワイの時間関係を把握しておきましょう。

よく言われるのは「日本とハワイの間には、マイナス19時間の時差がある」ということです。これは正確な表現ではあるのですが、時差ボケについて考えるときは「5時間の時差がある」とした方が分かりやすいと思います。

日本と比べると、ハワイは5時間早く太陽が昇ります。たとえば日本が午前0時(深夜)のとき、ハワイは午前5時(早朝)です。

日本とハワイの時差1

ただし、日付を含めて考えると、ハワイは日本より19時間遅れていることになります。これは日付変更線をまたぐからです(これがマイナス19時間の時差という意味)。

日本とハワイの時差2

しかし、時差ボケには日付は関係ありません。あくまでも太陽が昇る(沈む)時間がカギを握ります。

ですので、
「日本よりも、ハワイは5時間早く朝が来る」
と覚えておきましょう。

「日本からハワイに向かうとき」の時差ボケ対策

まず、時差ぼけを軽くするためには「機内に入った瞬間から現地時間に合わせるようにする」というのが重要です。これから渡航先で何日か過ごすわけですから、現地の時間に早くなじむようにしましょう、ということです。

そして、ハワイに向かう便の運航時刻を考えると「機内で寝る」というのが最大の時差ボケ対策になります。

これは、日本時間の夜(19:00~23:00)に出発する便が大半を占めていることと関係しています。

たとえば21時に日本から出発したとします。この出発時刻をハワイ現地の時刻に直してみます。日付を無視すれば、ハワイのほうが5時間進んでいるので、21時+5時間=26時(つまり午前2時)がハワイの時刻です。

次は到着時刻です。フライトは7時間ほどなので、現地時間の午前9時にハワイに到着します。

ここまでの流れを整理します。日本時間の21時に出発しますが、それは現地の時刻では深夜2時です。そして、着くのは現地時間の朝9時。つまり、フライトの最中は現地時間の「深夜~朝」ということです。

「機内に入った瞬間から現地時間に合わせるようにする」という考えに照らし合わせれば、フライト中はぐっすり寝たほうがいいことが分かると思います。

ただ、そうはいってもなかなか寝つけないのが現実です。日本時間21:00に出発したとすると、それから2~3時間くらいたたないと眠気がやってこない人が多いはずです(ふだん何時に寝ているかにもよります)。

ではどうすればいいのでしょうか。前日の睡眠時間を少し減らして寝不足ぎみにするのが有効です。

普段よりも2時間くらい早起きしておけば、飛行機の中でもぐっすり眠れるようになります。ただ、睡眠時間を減らしすぎると疲れにつながりますので、ほどほどにするのがベターです。

それから、絶対に欠かせないのが耳栓です。ハワイへ向かう飛行機の中では、多くの人が眠ることを選択しますが、その中には大きないびきをかく人もいます。もし自分の隣がそうだったとしたら、間違いなく眠れません。

アイマスクやトラベルピロー(首用枕)も機内での睡眠の役に立ちますが、とにかく耳栓だけは忘れないようにしましょう。なお、モルデックスというメーカーの耳栓は遮音性が高いです。私は日常的に使っています(アパートの隣の部屋がうるさいので……)。

「ハワイから日本に帰国するとき」の時差ボケ対策

日本に戻るときの時差ぼけ対策ですが、これも飛行機の出発・到着時刻から考えてみます。

よくある便の出発時刻は10:00~14:00、日本に着くまでにかかる時間は8時間30分くらいです(行きの便に比べると、気流の関係でフライトが長くなります)。

たとえば昼の12時半にハワイから出発した場合、現地との時間関係は次のようになります。

日本とハワイの時差4

日本に着くのは夕方16時です。まだまだ眠るような時間ではありません。しかし、ハワイの時間で考えると夜21時です。あと2~3時間もすれば、本格的な眠気がやってくると予想できます。

この場合の時差ぼけ対策は、理論上は簡単です。夜になるまで起きていればいいだけです。そして早めの就寝をして、たっぷり睡眠をとれば、時差ぼけが強く残ることはありません。時差の影響を完全になくすには数日かかりますが、日常生活に支障がでることはないはずです。

ただ、ここで問題になるのは、帰りの飛行機の中で眠たくなってしまうことです。時間帯で考えれば眠くなる時間ではないのですが、それまでの疲れがドッと出てくるため、どうしても眠くなります。

ここでぐっすり寝てしまうと、その日の夜に寝つけなくなる可能性があります。できるだけ帰りの機内では眠らないほうが無難です。そうは言っても眠気が襲ってくると思いますが……できれば出発して2~3時間は起きているようにしましょう。飛行機に乗る前にカフェインをとっておくのもいいかもしれません(寝すぎを防げます)。

ちなみに、身体がハワイの時間を覚えている間は、自然と早寝早起きになります。朝4~5時に目が覚めてしまうと思いますが、数日たてば普段の睡眠リズムに戻るので心配ありません。

まとめ

ハワイとの時差5時間(正確にはマイナス19時間)というのは、それほど大きいわけではないですが、時差の影響を受けやすい方にとっては大変かもしれません。その場合は、こちらのページで述べている時差ぼけ解消法も試してみてください。

なお、早寝早起き(朝型)の人ほど時差の影響を受けやすく、時差ぼけが長びくと言われています。