トリプトファンの摂取タイミングはけっこうシビア

脳内物質「セロトニン」の原料になるトリプトファン。サプリメントを利用している方も多いのではないかと思います。しかし、トリプトファンのサプリは、飲み方を間違えると効き目がとても弱くなります。

せっかく摂ったサプリの効果を最大限引き出すためにも、次の3点に気をくばるようにしましょう。

摂取タイミングのポイント3つ

1.空腹時に摂る

トリプトファンは、精神安定や安眠などの作用が期待されている物質です。しかし、サプリメントを摂取しても効果を感じられない場合があります。その原因のひとつは「ほかのアミノ酸による吸収阻害」です。

ほかのアミノ酸というのは、元をたどれば食事に含まれるタンパク質のことです。食品のタンパク質には、トリプトファン以外のアミノ酸(バリンやロイシンなど)が豊富に含まれていますが、これらのアミノ酸はトリプトファンが脳内に入るときに競合してしまうのです。

トリプトファンは、脳内に届けられたあとでセロトニンになります。逆に言うと、ほかのアミノ酸のせいでトリプトファンが脳に到達しなければ、脳内セロトニンの量は増えません。そうすると、精神安定や安眠などの効果は現れなくなります。

これを避けるためには、サプリメントを飲むタイミングに気をくばる必要があります。具体的には、空腹時にサプリメントを飲むようにします。

空腹ということは、それまでに食べた食事の大部分はすでに消化されています。トリプトファンと競合するアミノ酸の量も少なくなっているため、ベストタイミングと言えます。

2.グリシンサプリとは摂取タイミングを分ける

グリシンは安眠サプリメントの一種ですが、トリプトファンとの併用には注意が必要です。グリシンはアミノ酸の一種なので、上記で述べたようにトリプトファンの吸収阻害を引き起こします。そのため、摂取タイミングは必ず分けるようにしましょう。

この2つのサプリメントを併用する場合は、次のタイミングで飲むのがいいと思います。

  • トリプトファン……午前中
  • グリシン……就寝前

トリプトファンを午前中に摂るのは理由があります。それは、午前中なら太陽の光をしっかり浴びられることです。太陽の光は、トリプトファン→セロトニンの合成を助けます。そのため、できれば太陽が出ている内にサプリメントを摂るようにしましょう。

ただし、朝食後すぐだと吸収阻害が起こるので、朝食から2~3時間たってからが無難です。

3.ジュースと一緒に飲む

ブドウ糖の摂取によって血中にインスリンが分泌されだすと、トリプトファンが脳内に移動しやすくなります。

サプリメントは水と一緒に飲むのが普通ですが、トリプトファンサプリに限っては果物ジュースなどと一緒に飲むようにしましょう。ジュースに含まれるブドウ糖が、トリプトファンの輸送を助けます。

なお、糖分を含んでいれば何でもOKです。朝食の代わりにバナナを食べて糖分補給するのもいいと思います。バナナには糖分だけでなくビタミンB6が多く含まれていますが、それもセロトニンの合成を促してくれます。