「睡眠は90分周期」は本当なのか?

睡眠関係の書籍を見ると、「90分の倍数で起きるのがいい」という話がよく載っています。90分の倍数というのは、たとえば4時間半、6時間、7時間半などです。

なぜ90分の倍数が良いのかというと、それは人間の眠りは90分周期で浅くなるためです。もう少し具体的に言うと、90分周期でレム睡眠が出現するのですが、そのタイミングで睡眠が浅くなります。

たしかに、眠りが深いときよりは浅いときのほうが、スッキリ目が覚めるように思います。しかし、実際のところ90分周期で起きることは可能なのでしょうか。

以下は『快眠のための朝の習慣・夜の習慣』(だいわ文庫)』からの引用です。

約90分周期と言いますが、ここにも個人差があって、1周期が80分の人もいれば110分の人もいます。

身近な方から「4時間半睡眠でスッキリ快適に過ごせるから、あなたもやってみたら?」とすすめられても、あなたが4時間半睡眠を気合いで実行して、健康的にスッキリ過ごせるかどうかは別問題なのです。

つまり、90分できっちり割った周期で睡眠をコントロールすることは、人によっては無理ということのようです。私自身の感覚としても、上記の書籍で述べられていることは正しいと感じています。

参考までに、睡眠周期が80分・90分・100分の場合の眠りが浅くなるタイミングを載せておきます。睡眠後半になるにつれて、周期の差が大きくなることが見てとれます。90分周期という概念にとらわれる必要はないのかもしれません。

個人的には、睡眠周期にこだわるよりも、眠りの質を高める(深いノンレム睡眠を増やす)ほうが圧倒的に大切だと感じています。