「睡眠は90分周期」は本当だとしても、それを利用して起きるのは難しい

睡眠関係の書籍を見ると、「90分の倍数で起きるのがいい」という話がよく載っています。90分の倍数というのは、たとえば4時間半、6時間、7時間半などです。

なぜ90分の倍数が良いのかというと、それは「人間の眠りは90分周期で浅くなるから」です。

次のグラフは、睡眠時間と睡眠の深さの関係を示しています。90分周期でレム睡眠という睡眠が出現していますが、そのレム睡眠が終わったタイミングがもっとも目覚めに適しているそうです。

たしかに、眠りが深いときよりは浅いときのほうがスッキリ目が覚めると思います。しかし、実際のところ90分周期で起きることは可能なのでしょうか? 個人的にはちょっと無理があるような気がしています。というのも、本当に90分周期できっちり睡眠の深い・浅いが切り替わるとは断言できないと思うからです。

90分周期はあくまでも目安にすぎない

調べたところ、睡眠の周期は90分とは限らないという見解が見つかりました。

たとえば、以下は「快眠のための朝の習慣・夜の習慣」からの引用です。

約90分周期と言いますが、ここにも個人差があって、1周期が80分の人もいれば110分の人もいます。

身近な方から「4時間半睡眠でスッキリ快適に過ごせるから、あなたもやってみたら?」とすすめられても、あなたが4時間半睡眠を気合いで実行して、健康的にスッキリ過ごせるかどうかは別問題なのです。

また、「スタンフォード式 最高の睡眠」には次のように書かれています。

よく、「ノンレム睡眠とレム睡眠の周期は90分。なので90の倍数分眠ればいい」といわれているが、実は必ずしも「90分周期」とは限らない。なので「90分の倍数」寝ても、目覚めが悪いケースはいくらでもある。

やはり、90分できっちり割った周期で睡眠をコントロールすることは難しいようです。

参考までに、睡眠周期が80分・90分・100分の場合の眠りが浅くなるタイミングを載せておきます。睡眠後半になるにつれて、周期の差が大きくなることが見てとれます。

以上、90分の倍数できっかり起きるのは実際には難しいという話でしたが、眠りが浅くなるタイミングがあること自体は事実です。なので、目覚まし時計が鳴る前に目が覚めたときはそのまま起きたほうが目覚めがいい、ということは言えると思います。