寝だめができるかどうかは、その種類による

「人間って寝だめできるの?」

だれもが一度は疑問に思ったことがあるのではないでしょうか。実は、寝だめができるかどうかは、その種類によります。

寝だめには「先取り睡眠」と「補充睡眠」の2種類があります。

先取り睡眠は、とるべき睡眠を前もって取っておいて、その分だけ睡眠時間を短くしようというものです。

たとえば「来週から仕事で夜遅くなりそうだから、その前に寝だめしておこう」と、未来の睡眠不足に備えようとするのが先取り睡眠です。睡眠をお金にたとえるなら、先取り睡眠は「貯金」と言えます。

それに対して補充睡眠は「借金の返済」です。過去の睡眠不足を解消するために、週末などにまとめて睡眠をとるのが補充睡眠です。睡眠科学の世界では「睡眠負債の返済」と表現されることもあります。

先取り睡眠はできるのか?

先取り睡眠はできません。なぜなら、睡眠が足りている状態で長時間寝たとしても、増えるのは浅い睡眠だけだからです。

質のいい睡眠って結局なんなの?」で述べたように、大切なのは脳を休息させることです。そのためには深いノンレム睡眠をとる必要があるのですが、睡眠の後半にはダラダラとした浅い睡眠が増えるだけで、深いノンレム睡眠は現れません。

つまり、長時間寝たところで脳の休息には役に立たないため、結局眠くなってしまうのです。

「徹夜するはずだったのに結局寝てしまった」とか「あれだけ寝たのに眠くてしょうがない」となってしまう可能性が高いので、先取り睡眠はやめておいた方が無難です。

補充睡眠はできるのか?

補充睡眠には一定の効果があります。補充睡眠が必要ということは、普段の睡眠時間が短いということに他なりません。逆にいえば起きている時間が長く、普段よりも活動的な状態ということです。そのため身体も脳も無理をして、交感神経が慢性的に緊張します。

この緊張を取るために補充睡眠は有効です。睡眠そのもの効果よりも、交感神経の緊張をやわらげることが期待できるのです。

ただし、補充睡眠を取りすぎると体内時計のリズムを崩す原因になります。とくに起床時間が普段よりも遅くなると、太陽の光を浴びる時間も遅くなるのでその分だけ体内時計がズレてしまいます。

体内時計のズレは、それが小さなものであれば数日で元に戻すことができます。しかし、体内時計の狂いが大きくなると「概日リズム睡眠障害」にかかる可能性が出てくるので注意が必要です。

補充睡眠をとるときには、寝る時間を普段よりも早めにして、できるだけ起床時間をずらさないようにするのがポイントです。