足が熱くて眠れないのは冷え性のせい 【原因と対処法も合わせてご紹介】

眠る時間になってもなかなか寝つけない!その理由はいろいろなものが考えられます。たとえば、朝寝坊したために体内時計のリズムが乱れていたり、夜遅くまでネットゲームをしていたせいで交感神経の興奮が続いていたり……。

そんな眠れない理由の一つに、「足が熱くて眠れない」というのがあります。とくに足の裏が尋常でないくらい熱くなって、寝るどころじゃない!という方もいると思います。

もともと、眠る時間が近づくにつれて手足は自然と温かくなります。これは、入眠の準備が行なわれている証拠です。 人間は、体温が高いままだとなかなか眠りにつくことができません。そこで、体温を下げるために手足から体内の熱を放出します。

手足は他の部位とくらべて皮膚が薄く、血管が外の空気に近いところに位置しています。そのため、寝る前に熱放散をするのに非常に適しています。ある程度は手足が熱くなるのは当たり前の現象です。

しかし「手足が熱を持ちすぎて眠れない」というレベルなら、それは正常な熱放散ではありません。その背後には冷え性が隠れているので注意が必要です。

足のほてりは深刻な冷え性の証拠

「足が熱くて眠れないのに冷え性?」
そう疑問を持った方もいると思いますが、冷えが進んだ結果、足のほてりは現れます。

冷え性が深刻なレベルになると、血行があまりにも悪いせいで血液循環に悪影響が出てきます。とくに足の血液循環です。足は心臓からの距離が遠く、また心臓の真下方向にあるため、本来心臓に戻るべき血液がなかなか戻れません。

ここで重要なのは、寝るまえに手足から熱放散が行われることです。もっと具体的に言えば、手足を流れる血液に熱を乗せて、その熱を皮膚表面から外に逃しています。ですので、就寝前に手足を流れる血液は熱いのです。

しかし、冷え性のために血液循環に滞りがあると、その熱い血液が足に長い時間滞留することになります。その結果、尋常でないくらい足がほてって寝つけなくなってしまうのです。

足が熱くても冷やさずに温める!

足がほてって眠れないとき、多くの方はアイスノンなどで足を冷やすと思いますが、そうするとさらに冷えが進んでしまい、ほてりが深刻になります。

対処法としては、冷やすのではなく温めるのが正解です。ほてっている最中に足を温めるのは気が進まないかもしれません。しかし、滞っていた静脈の流れが改善されて熱放散がスムーズになれば、最終的にはほてり解消にたどり着くはずです。

足を温める方法としては、「足湯をする」「湯たんぽを使う」などが挙げられます。また、最近ではいろいろな冷え対策グッズも世に出ていますので、それらを試してみるのもひとつの手です。

ほかには、バスタイムを工夫することも足のほてり防止に役立ちます。熱いお湯に短時間つかるのではなく、40℃くらいのお湯に30分ほど入るのがポイントです。体の表面だけでなく内部まで温められて、血液の循環がよくなります。

また、特別なバスソルト(エプソムソルト)には身体の芯を温める効果が期待できます。
(私自身、現在使用中ですが体が温まる実感があります)

寝る直前に入浴すると、深部体温が上がってしまうためスムーズに寝付けなくなります。寝る時間の1時間前にはお風呂から出るようにしましょう。

足の冷えを改善するためには、次の2点も大切です。

  • 定期的な運動をして足の筋肉を強くする(踏み台昇降やステッパーがおすすめ)
  • 寝る前はリラックスできるような環境を作る(緊張状態だと交感神経が優位になってしまい、そのせいで血流が悪くなってしまうので)

すべてを完璧にこなそうとすると疲れてしまうと思いますので、まずはできる範囲で冷え性改善に取り組むといいはずです。とりあえず、寝る前に足がほてったときは冷やさずに温める、というのを徹底することから始めてみましょう。

なお、足が熱いだけでなく「指すような痛みやチクチクした痛みを足に感じる」という症状もある場合、むずむず症候群という睡眠障害にかかっている可能性があります。

むずむず症候群は投薬治療が必要になる場合もあります。心当たりのある方は下記のページを参考にしてみてください。