甘いものを食べ過ぎると不眠になる?

世の中には、睡眠に悪い影響をおよぼす食べ物があります。たとえばカフェインを含んだ物(コーヒーや紅茶、チョコレートなど)は、その覚醒作用のために入眠を妨げることが知られています。

しかし、コーヒーや紅茶以外にも、眠りに悪影響がありそうなものがあります。先日、必ず眠れる技術(角川新書)という書籍を読んだのですが、「夜に甘いものを食べすぎると不眠をまねく」という話が載っていました。甘いものとは、たとえばケーキやドーナツなどの、いわゆるスイーツのことを指しています。

なぜ、ケーキなどの甘い食べ物が、睡眠に悪影響を及ぼすのでしょうか。先ほど挙げた書籍(必ず眠れる技術)によれば、「甘いものを食べると脳が興奮するから眠れなくなる」とのこと。

脳が興奮してしまうのは甘いもの自体の作用ではなく、アドレナリンという物質の作用です。アドレナリンは、私たちの体内で分泌されるホルモンの一種です。一般的には、やる気を高める物質として知られています。

ケーキやプリンなどの甘いものを食べると、血糖値が急激に変化します。詳細は省略しますが、その乱れた血糖値をコントロールするためにアドレナリンは分泌されます。

しかし、アドレナリンの働きはそれだけではありません。

アドレナリンは、血糖を上げるとともに、脳を興奮させる神経伝達物資でもあります。寝る前にこれが分泌されると、目が冴え、気分が高揚し、眠れなくなってしまうのです。

ということで、アドレナリンは脳を興奮させてしまうのだそうです。

しかし、実際のところそんなに影響はあるのか? という疑問が私にはあります。というのも、菓子パンなどをどうしても食べたくなって、寝る時間の30分前くらいに食べることが(たまに)あるのですが、そのせいで寝つきが悪くなった覚えはないからです。

むしろ、満たされるような、おおげさに言うと幸せな気分になって、安心して眠れる気さえします。

私の場合、夜にコーヒーを飲むと確実に眠れなくなります。飲んだ後、1~2時間は眠気がやってこなくなります。しかし、甘いものを食べたからといって、入眠を阻害されたことは記憶上ありません。

ということで、甘い食べ物が不眠をまねくと言っても、個人差が大きい話なのだと思います。

コーヒーにしても、その覚醒作用には個人差があります。寝る前にコーヒーを飲んでも、その影響をほとんど受けずに眠れる人はいます。それと似たようなことだと思います。